岡山のおでかけ・お散歩情報 さんぽ・おかやま さんぽ・みまさか 検索 ご利用方法  トップへ お問い合わせ 
名物 高瀬舟 

中世に活躍した運搬手段


高瀬舟

 河川や穏やかな浅瀬の物流に日常的に
 使用された小型の平船です。
 なぜ高瀬という名称なのか分かりません。


岡山県で生まれた

 岡山県では南北に流れる三大河川とその支流が
 ほぼ全域に水路を作っており、当時の農作物や加工品を
 商人の倉や城下へ運ぶ高瀬舟が活躍しました。
 城下にはそのための水門が、商家には石積みの船着き場が
 今も残っています。
 
 中世は吉井川が特に有名だったそうですが、
 近代まで舟が使われた旭川上流の落合、勝山に現代も名残が
 残っており、菓子や舟そのもの、繋留所があります。

記事カテゴリ

加茂朝市 / 宮川朝市 / 高瀬舟 /

[ 開いていると思われる施設 ]
名物

イベント
  
伝統産業
  
名所
  
名物
  加茂朝市 / 宮川朝市 / 高瀬舟 /

味・食
  
夏名所
  
春名所
  
標識
  




お問い合わせ

参照元

岡山名物  高瀬舟 ×1
浅瀬 なぜ高瀬 ×1
7舟 岡山&ei=UTF-8&meta=vc=&pstart=1&fr=slv1-tbtop&b=31 ×1
高瀬舟 岡山 ×1
名物 高瀬舟 ×1
岡山県落合船着き場 ×1
高瀬舟 岡山 ×1
名物  高瀬舟&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt ×1