岡山のおでかけ・お散歩情報 さんぽ・おかやま さんぽ・みまさか 検索 ご利用方法  トップへ お問い合わせ 
名所 保月山六面石幢 

残された鎌倉時代の仏具に当時の信仰を見る


石幢

 石幢とは経文を刻んだ石の仏塔。
 幢とは筒状の旗差しのこと。
 寺を造れない野に経幢の代わりに置いたものと思われます。


出自が明らかなものの中では最古

 

 作は鎌倉時代の名工、井野行恒と言われます。
 



風雨に穿たれ自然のままの造詣

 経文の確かさもさることながら、柱一面に掘られた仏様の穏やかで自然な表情が
 自然に朽ちるままに石塔の角を丸めてやさしい御姿となっています。
 

記事カテゴリ

うかん常山公園 / 三つ山 / 保月山六面石幢 / 矢掛町 / 美作地方 /

[ 開いていると思われる施設 ]
名所

イベント
  
伝統産業
  
名所
  うかん常山公園 / 三つ山 / 保月山六面石幢 / 矢掛町 / 美作地方 /

名物
  
味・食
  
夏名所
  
春名所
  
標識
  




お問い合わせ

参照元

保月山の石塔 ×1
保月山六面石幢 ×1
保月山の石塔 ×1
保月山六面石幢 ×1
保月山六面石幢 ×1
石塔 月山 ×1
保月山の石塔 ×1
/名所/保月山六面石幢/ ×1